第452回定期大会

盛会裡に終了いたしました。ご参加、ご支援をいただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

ご挨拶 プログラム 演題募集 ハンズオンセミナー
参加者へのご案内 発表者へのご案内 会場へのアクセス

貞岡先生第452回日本医学放射線学会関東地方会定期大会開催にあたって

 

 

第452回日本医学放射線学会 関東地方会定期大会
大会長 貞岡 俊一
東京慈恵会医科大学附属柏病院 放射線部

 この度、第452回の大会長を拝命し、平成29年12月16日(土)にコクヨホールにて開催させていただく運びとなりました。 伝統ある本会の大会長を拝命いたしましたことは、誠に身に余る光栄でございます。 皆さま方のご協力とご鞭撻を賜り、本会のますますの発展に尽くすべく、微力ながら努力したいと存じますので何卒よろしお願い申し上げます。
 この地方会が、若手放射線科医の発表の場として非常に重要な位置を占めていることは疑う余地もありませんし、そのためには多くの他施設の先輩方も出席していただき、その発表の成果について、批評したり称賛したりすることは非常に重要であろうと思われます。 ただ、かくゆう私自身も、自慢できるほど参加していなかったのも事実ですが。
 私は以前大病を患いました。 某商業誌の巻頭感でも述べましたが、その際に放射線科には本当にお世話になり、病人の目線から放射線科が診断・治療の多くの場面で関与していることに改めて気づかされました。 また、病院上層部の会議に出ている現在、院内で起こった色々な事象において、放射線科が診断やIVRなどで大きく貢献しており、病院の質を決定する科であると改めて感じております。
 さて急遽、大会長を拝命したこともあり、準備期間がほとんどありませんでしたが、多くの方に多大なご配慮をいただきました。 ここに厚くお礼申し上げます。
 今回は、日頃皆さま方が経験した貴重な症例などの口頭発表の他に、指導者講習会を獨協医科大学放射線医学講座の楫靖先生に、必須講習会(医療倫理)を放射線医学総合研究所の栗原千絵子先生にご講演いただきます。またランチョンセミナーとして医療政策・経済の分野ではご高名で多くのマスコミにも登場されている東京大学薬学部の五十嵐中先生に「放射線科での費用対効果評価とは?」のご講演を、特別講演としてAiの第一人者である聖隷富士病院の塩谷清司先生に死後画像診断の現況についてのご講演いただきます。 定例講座は「さらに学ぼう画像診断」として、MRI全般をミナ企画の田中宏先生に、頭部を東京慈恵会医科大学の松島理士先生に、胸部を日本医科大学武蔵小杉病院の一色彩子先生に、腹部を東大病院の渡谷岳行先生にご講演いただきます。 その他にはIVRについては若手医師の先生にハンズオンセミナーとして大動脈ステント、コイルやステントなどの使い方について講演とハンズオンをおこないます。
 一日という短い開催期間でありますが非常に多彩な内容で、全部参加すると放射線科の勉強だけではなく、今後の放射線科の展開まで、十分すぎるほどの知識を身につけることができるプログラムであると自負しております。 師走のクリスマス近くの寒い時期の開催でありますが、是非多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

プログラム

 
日程表PDFプログラムPDF

 プログラム1

 プログラム2

 プログラム4

 プログラム5

  ■会議室(3F)/世話役会 10:20〜11:20 
 

▲ページトップへ

演題募集

■ 応募要領

1.応募資格
発表者は、日本医学放射線学会関東地方会の会員に限ります。但し、医学生および初期研修医の場合はこの限りではない。

2.演題募集締切: 2017年10月31日(火)

演題募集は締め切りました。多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

ハンズオン申込

入力途中での保存はできませんが、演題登録後に自動返信メールが配信されます。このmailに記載されたURLから、締切日までは再編集が可能です。配信されたURLを破棄しないで下さい。
また自動返信メールが届かない場合は、大会事務局:452jrskantou@gmail.com にご連絡ください。

3.募集要項
1)演題名:50字以内
2)発表演者氏名と所属施設名および住所
3)発表演者e-mailアドレス
4)共同演者氏名と所属施設名
5)発表方法:口演またはポスターの希望をお書きください。
6)抄録本文:最大600字以内

4.発表方法
口演またはポスターでの発表となります。発表形式については、口演、ポスターまたはどちらでもよいなどの希望を入力してください。なお、最終的な発表形式につきましては大会事務局にご一任ください。

【特殊文字・制御文字】
機種依存の外字等は文字化け等の問題が発生しますので、使用しないで下さい。
ローマ数字については、英語のI、V、Xを使用して下さい。

▲ページトップへ

ハンズオンセミナー応募

ハンズオンセミナーに参加予定の先生方へ

今回のセミナーは若手の先生方を対象として企画されました。
予定している手技と医療機器・機材は、塞栓としてコイル、血管形成術としてバルーンとステント、EVARとして大動脈ステントの3種類です。
まず初めに各手技と機材の説明を講演(計30分)いただき、その後各ブースで講師の先生及び各メーカーの方々の指導のもとハンズオン(各20分)を行う予定です。
この機会に、実物を触ったり手技を体験したりしていただき実地に役立てて頂きたいと考えております。
是非積極的に手技に参加したり質問したりしていただければと存じます。

  時  間:12月16日(土)14:15〜15:45
  定  員:30名(申込先着順) 定員になりましたので、受付を終了しました
  参加費:無料・別途第452回日医放関東地方会の参加費はお支払いいただきます。
  応募資格:日本医学放射線学会会員・初期臨床研修医(要日本医学放射線学会会員からの推薦)


ハンズオンセミナー受講者へ
14:00から会場に入れます。
第2会場前にハンズオンセミナー受付がありますので、学会参加証(名札)を掲示の上、お入り下さい。

▲ページトップへ

参加者へのご案内(受付は8:20より行います)

1.総合受付:コクヨホール 2Fメインロビー(受付は8:20より行います)
2.参加費用:3,000円(日医放学会員) 、5,000円(非会員)JRS
  会員の方はJRSのICカードをお持ちください(参加登録に必要です。)▶
  ・関東地方会名誉会員は無料。
  ・医学生・初期研修医及び留学生は無料。
  (受付で身分証明書、研修施設責任者の証明書pdfなどを提出してください。)
3.指導者講習会・必須講習会(医療倫理)を受講される方へ
  講習会開始時間から10分後までは、受講証の配布を致します。
  講習会終了後に控えを回収し、日医放学会に出席状況を報告いたします。
  控えの提出がない場合には、受講の記録が反映されませんので、忘れずに提出してください。
  なお会場への入室は、講習会開始10分後以降も可能です。

 

発表者へのご案内

1.一般講演、ポスター発表者の資格
(1)日本医学放射線学会関東地方会の会員に限ります。
(2)非会員の方は発表前に入会手続きをしてください。

【正会員入会申込画面】
http://www.radiology.jp/jrs_about/enter.html

【日本医学放射線学会事務局】
〒113-0033 東京都文京区本郷5丁目1-16 VORT本郷7階
TEL :03-3814-3077 FAX:03-5684-4075 E-mail:office@radiology-sys.jp

2.座長・口演演者の方へ
 (1) 開始予定時刻の30分前までに出席受付の上、スライド受付でスライドをご確認願います。
 (2) 開始予定時刻の15分前までに次座長席・次演者席にお着きください。
 (3) 座長の方は、ご担当いただくセッションの終了時間を厳守してください。

3.発表方法(口演)
 (1) 発表時間:口演 6 分および討論3分といたします。時間厳守でお願いいたします。
 (2) 発表方法:発表はPCでのデータ・プロジェクションのみとなります。
 (3) データ確認:当日発表30分前までにスライド受付にて動作確認をお願いいたします。
   ・データのバックアップなどはご自分で万全にご準備ください。
  ( データ持ち込み、 PC持ち込み共通です)
  
   【データ持ち込みの方】
   ・メディアはUSBに限らせて頂きます。
   ・Windows XP以上、PowerPoint 2007, 2010, 2013, 2016で作成されたデータをお受けできます。
   ・動画のある場合はパソコンの持ち込みをおすすめします。
   ※Macintoshでデータを作成される方は、ご自身のPCをお持ち込みください。

  【発表用PC持ち込みの方】
   ・データチェック後、PCはお預かりいたします。
   ・PCからの出力はD-sub15ピン端子で行ないます。
    アダプターが必要な機種をご利用の方はご持参ください。

▲ページトップへ

会場へのアクセス

コクヨホール
〒108-8710 東京都港区港南1-8-35

外観 外観

●JR品川駅港南口(東口)より徒歩5分
●お客さま専用の駐車場はございません。公共の交通機関または最寄りの公共駐車場をご利用ください。

アクセスマップ▶ http://www.kokuyo.co.jp/com/hall/access/


より大きな地図で コクヨホール|アクセスマップ を表示

プログラム1

[大会事務局]
第452回日本医学放射線学会 関東地方会定期大会事務局
東京慈恵会医科大学 放射線医学講座
〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8 TEL:03-3433-1111(代)/FAX:03-3431-1775
E-mail:452jrskantou@gmail.com

ご挨拶 大会テーマと講演項目 会場へのアクセス 会場案内図
日程表 参加者へのご案内 発表者へのご案内

ページトップへ戻る